自分に合ったピル

「自分に合ったピル」に必ず出会える

長年ピルを愛用している人なら、何度か「ピルの種類を変えてみた」という経験があるかもしれません。

ピルの種類はじつに豊富なので、途中で種類を変更することも十分可能なわけですが、一般的にピルユーザーはどのような場合にピルの種類を変更しているのでしょうか?

<副作用が治まらなかった>
「体質に合わなかった」
やはり、こうした理由が最も多いようです。副作用として現れる吐き気や頭痛、食欲不振などは、通常服用開始後2~3ヵ月以内に消失します。3ヵ月過ぎてもまだ辛いようなら、速やかに主治医に相談してください。無理に継続してもピルの服用がストレスになってしまいますし、長すぎる副作用はピルが体質にあっていないというサインであることが多いのです。

実際に、受診を経てピルの種類を変えたところ、「副作用が消え、副効果が強く出るようになった」というケースも多々あります。体質に合わないピルを使用し続けることで、損をしているケースもあるのです。

<ライフスタイルの変化>
「土日の休みが増えてイベントが多くなった」
こうしたケースでは、サンデースタートピルへの変更で、週末を充実させることが可能です。とくに、ピルを飲み始める前まで月経痛が重かった人、PMSに苦しんでいた人にとっては、生活の楽しさや充実度を激変させる方法となるでしょう。

<コストを考慮>
→ピルの値段は、種類によっても病院によっても多少の差があります。とにかく格安で入手しようと個人輸入だけに頼る人もいるようですが、まだピルに不慣れなうちは病院で処方してもらうことをおススメします。

病院でも、複数のピルを扱っていたり取り寄せてくれたりするところがほとんどなので、質問すれば価格も教えてくれるはずです。逆に、こうした質問にも柔軟に対応してくれないような病院とは、長い付き合いを避けた方がよいでしょう。

こまめに定期健診に行くことを約束できるならば、格安でスピーディーにピルを入手できる個人輸入を活用して、自分の体質に合ったピルを手軽に入手するのも良い方法なのではないでしょうか。


トリキュラーED


マーベロン28


マーベロン21


ヤスミン


ダイアン35